adult entertainment facilities

一回の風俗にもっと魂を込めるんだ

風俗マニアとか風俗の達人なんて呼ばれている人がいますが、一体どれくらい年間に風俗に行ったらその称号を得ることが出来るんでしょうかね。やっぱりかなりの財力がないと風俗通いを続けることは出来ませんから、貧乏人の私が手にすることのできるステータスではないのかもしれません。でも量より質って言葉があるように風俗だって数多く行けば達人になれるとは限らないんじゃないかと思うんですよ。これは単にお金持ちに対する僻み根性から来ているわけじゃなくって、一回の風俗にどれだけの魂と精力を注げることが出来るかって言うことなんです。だから風俗に行く前にはしっかりと体調を整えて、精神統一も完璧に行いいざ戦場へと赴いていく心境なんですね。風俗というものは自分と風俗嬢とのある意味バトルと言っても過言ではないですので、その戦いに勝つためにはそれなりの肉体と精神の鍛錬が必要となるわけです。夜眠る前にはシミュレーションを欠かしませんし、肉体維持のために生卵を飲むロッキーのような食生活をし、そしてチンコを鍛えるために冷水と温水に交互に漬けたりと、日々の鍛錬こそが風俗で勝利するためには欠かせないんです。っていうか風俗で勝つってどういうことだろう?自分で書いといてなんですが訳分かんないですね。

飛田新地で女の子を物色する

先日飛田新地に行ってきました。まずはいつも通り、青春通りとメイン通りと呼ばれる通りをぐるっと一周して、どんな女の子がいるのか確認しました。そして一周歩いた感想ですが、やはり可愛い女の子が多くて、かなりテンションが上がりました。そのなかでも私は3人の女の子に目をつけました。青春通りにいたかなり若そうな女の子と、同じく青春通りにいた巨乳で可愛い子です。そしてメイン通りにいた胸元を大きく開いた着物…

More Details

TOP